越後バナーナ

史上初、
新潟生まれのバナナです。

NEWSはこちら

01 ABOUT

越後バナーナとは

越後バナーナは、
シモダファームが栽培する新しいバナナブランド。
品種は、市場に多く流通する
キャベンディッシュではなく、
糖度が高く皮がうすい、
最高品種と言われるグロスミッチェルです。
樹上で熟成することで引き出される濃厚な強い甘みと、
皮ごと食べられるもっちり食感が特長です。
もちろん、農薬を使わずにつくられるので安心安全。
シュガースポットが出たら、食べごろのサインです。

越後バナーナ 食べごろサイン画像

シモダファームとは

「畑ちがいから来ましたが、
夢と希望にあふれる農園です。」

シモダファームは、
鋳物砂・鋳型製造事業と産業廃棄物処理事業を
手がける
シモダ産業による新しい農園で、
新潟県初の大規模バナナ栽培施設でもあります。
越後バナーナを皮切りに、地元柏崎で様々な農産物を
栽培し、
新たな活力として地域に役立つことを目的に
立ち上げました。

シモダファームの画像

02 STORY

「故郷のバナナは、
もっとおいしい。」

ある日、フィリピン出身の知り合いに言われました。
日本で食べられているほとんどのバナナは
輸入されてきたもので、
実が青いうちに収穫し、
流通の過程で熟成されます。
そのため、樹の上で熟成されたバナナとくらべると
甘みや香りが弱くなり、
バナナ本来のおいしさが発揮されていないからでした。
そこで、試しに海外で完熟バナナを食べてみたところ、
これまでのバナナの概念が覆されました。
そして、その濃厚な甘さとおいしさに
心から感動しました。
それからというもの、地元柏崎で、
このおいしいバナナを栽培したい。
そして、あの感動を、なんとか日本にも届けたい。
そんな強い思いを持ち続けることになり、
ついに、新潟でのバナナ栽培を決意し、
シモダファームを立ち上げました。

「故郷のバナナは、もっとおいしい。」 イメージ画像

「キーワードは、循環。」

新潟でのバナナ栽培を決意してから、
岡山で人気の「もんげーバナナ」を栽培する
D&Tファーム様と出会い、
苗を供給してもらえることになりました。
しかし、ここは雪国新潟。
温暖な気候を好むバナナ栽培に適している場所とは
言えません。
そこで、悩みに悩みましたが、
答えはすぐ近くに見つかりました。
シモダファームの母体である、シモダ産業の
産業廃棄物処理事業です。
産業廃棄物処理には、排熱が発生します。
その排熱で温めた温水を、
バナナ栽培のビニールハウスの温度管理に使えないか
と考えたのです。
シモダ産業は、
「循環」を事業の大切なテーマとしてきたので、
その思想とも大いにマッチします。
そうして、産業廃棄物処理の排熱を再利用した
温水を使った、
他所には例のないサーマルリサイクルによる
バナナ栽培が始まったのです。

サーマルリサイクルを利用したバナナ栽培 イメージ画像

「バナナで、
地域の役に立ちたい。」

サーマルリサイクルによるバナナ栽培の目的は、
ビジネスだけではありません。
越後バナーナを新たな地域ブランドに育てることで、
地域発信の機会づくりにも
役立てていきたいと考えています。
はじめは、新潟県内への出荷が中心となりますが、
バナナ単品だけではなく、
たとえば地元の菓子店や飲食店と協力して、
食品ロス低減に向けた商品開発などにも
取り組みます。
また、古皮を再利用する
バナナペーパーの開発にも挑戦しますし、
小中学生向けに、バナナ栽培を通じた
環境対策を伝える
総合学習支援も行います。
「循環」をキーワードに栽培される「越後バナーナ」が、
巡り巡って様々なかたちの活力となり、
地域に価値や魅力を生み出せることを、
私たちは願っています。

「バナナで、地域の役に立ちたい。」 イメージ画像

03 こだわり

育成について

「傷つきやすいバナナだから、
細心の注意で、丁寧に。」

  • ・農薬不使用のため、葉や実の健康状態を、
    ひとつひとつ個別にチェックしています。
  • ・バナナは温度に敏感なため、
    その日の天候や気温、日照時間を確認しながら、
    ハウス内の温度調整をこまめに行なっています。
  • ・できるだけ樹で熟成させることで、
    栄養価の詰まった皮のうすいバナナにします。
越後バナーナ 育成の様子の画像

苗について

「凍結解凍覚醒法®を施した、
特別な苗を使用」

植物の種子や細胞をマイナス60℃までゆっくり冷却し、
それを解凍することで、
耐寒性や育成力を
アップさせることに成功した苗です。
※凍結解凍覚醒法®は、
田中節三氏による特許技術です

越後バナーナ 苗の画像

品種について

「最高品種、グロスミッチェル種。」

市場ではなかなか出会うことのできない、品種です。
濃厚な甘さと、皮まで食べられる
もっちり食感が特長です。

最高品種、グロスミッチェル種 イメージ画像

NEWS

ふるさと納税

柏崎の、新たな特産品に。

シモダ産業は、創業以来70年、
柏崎にて事業を行ってきました。
地域に根ざした企業として、
地元柏崎に新たな特産品をつくりたい。
バナナを通じて、柏崎市の魅力を伝えていきたい。
そんな思いでバナナの栽培に取り組んでいます。
 「越後バナーナ」は柏崎市のふるさと応縁基金の
返礼品として登録しておりますので、 
ぜひ下記サイトよりお申込みください。